読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

green & blue

いろんな価値観の箱

できること変えられるもの

 

ご無沙汰しております。

2017年一稿目ということですが

最近感じたことをそのまんま書いていこうと思います。

2016年振り返ると毎年のことで「色々あった一年だったな」というありがちな感想。

趣味の面でも見方や世界が広がった気がするし

その反面このままではいけないこと

年齢的なこと含めて感じる焦りとか問題点もあるわけで

色んな目標とかその年齢なりのものがあったわけですが

今までと違って思ったことは

私は私自身のことに目を逸らしてばかりだなということ。

自身に目を逸らすということは

相手のことも自然と目を逸らしてしまうということにも繋がる。

この課題はとくに仕事をしているうえで

下の後輩が出来たことやもちろん上司と接してても感じてることが増えたことで

努力することは出来るけど

それを本当の意味で続けてさらに勉強し続けること

自分と向き合うこと

これがおそろしく私は苦手なんだなということを突きつけられた気がする。

そういうの全てが繋がった結果として

家族との付き合い方や

友人との距離感の変化などに対する不和

補助的業務に対する報われなさと脱力感

体力的身体的な不安定

全てに結局繋がることで

悪いのは全部自分だし

問題があるのも自分

私は反省して後悔して

それでも自分をどうにかあるいは周りの人に肯定してもらって

次に繋げていけるようにがんばろう。

たぶんそういうスタンスでやってきたとこがあると思います。

それがけして悪いわけではないし

ひとつのやり方ではあるとは思いますが

そろそろそのやり方に限界を感じ始めてきている自分がいる。

 

それはこういった趣味のもの

スキなものを綴っていくブログを書くことに対しても

最近ある方のツイートを見てハッとさせられ言葉がありました。

 

 

 そうだよなって思いました。

会話でも文章でも「すきなものを語る」という行為は

ひどくはがゆくてもどかしくて自分の力が足りないからだと思っていたが

このツイートをみてそのモヤモヤが浄化されたし

これは、こういったブログやツイッターに関しても

そうでないことでもいえることで。

 

正直、今の自分ではダメだという焦りが強くなっている。

それは環境的な部分、自分自身との部分

自分のしたいこととのマッチング的な部分

居心地のよい温室からいい加減でていかなくてはいけないというものに近い。

どういう選択をするにしろ

まず自分の世界を本当に変えたいのであれば

もっとできることがあるはずだ。

このブログの書き方も変えていきたいし

ツイッターはもうすこしだけ逃げ場として

残させていただきたいというキモチありつつも

私生活でも、すこしずつすこしずつ

自分のなかの不和を理解して

ムリヤリではない形でその不和の溝を埋めていく作業をしていくとこから

私はやっていく必要があるんだろう。

 

締まりのない文章になってしまったが

2017年もよろしくお願いいたします。