読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

green & blue

いろんな価値観の箱

ジャニーズWEST沼にはまりつつある。

ジャニーズ

 

年が明け、仕事がはじまりあいかわらずの日々であるが

そんななかでも私は2015年の最後に大きな買い物をした。

それは、けして値段の問題ではなく

アマゾンで購入したのではあるが

だいたいアマゾンで購入するものはDVDや雑誌関係なわけで

DVDに関しては映画とアイドルのライブが主である。

今回はアイドルのほうで

しかも、私はアマゾンでのアイドルDVDに関しては正直キスマイしか購入したことがない人間だ。つまり、それら以外のアイドルのDVDを買うという行為は結構なハードルなわけで、仮に買うとしてもハロプロ系だろうなとタカをくくっていたのだ。

つまり同じ事務所内での他グループのDVDを買い物カゴに入れるなんて思っても見なかったわけだ。

 

 

はい、そうです。

 

 

それが「ジャニーズWEST」です。

 

ジャニーズWEST、通称「ジャニスト」

関西から2014年にデビューした新しいグループである。

そして、関ジャニ∞以来10年ぶりの関西ジュニアからのデビューグループだ。

 

そんな彼らに興味を持った流れをざっくりに綴っていこうと思う。

だいぶ主観ばかりですがお許しください。

 

 

 

 

 

 

そもそもジャニーズWESTという名前を知ったのは2013→2014のジャニーズカウントダウンである。見ていたのはたまたまであったのだが、その時期はキスマイにはまりかけでチャンネルを回したらそれがやっていて気になる人でてるし見てみるかそんなノリだった。

 

続々と色んなグループが持ち曲や先輩の曲を披露してくなかで

 

「ジャニーズWEST4」というそこらへんにあった紙とペンでかかれたんだろうな大きな紙をもって笑顔で四人映る男の子たち。それはいまだにはっきり覚えている。その発表の裏側で起こっていたことはこのときもちろん知らないわけでだから呑気にそのシーンをみていたわけですが、

 

その光景を見たとき思ったことは

4人のうち、2人知ってる子がいるな。

ごくせんにでてたな。

それが、桐山照史中間淳太である。

 

正直いえば、彼らの出演していたシーズンはさほど見れていないのだが

特に桐山くんのほうは覚えていて

ごくせんに限らず、月9にもでていたし

一番テレビ露出していて私のなかで一番認識してた子だった。

だから、カウコンを見たとき思ったのは

「この子(桐山くん)とうとうデビューするんだ……」

正直それ以上でも以下でもなかった。

 

 

それから季節は過ぎて

春にジャニーズWEST4ではなく「ジャニーズWEST」として7人でデビューされる。

 

その頃はすっかりキスマイをスキになっていたから

グループ名を存じてはいる。それぐらいの印象でしかなかった。

 

キスマイといえば、A.B.C-Zは切っても切り離せないから

A.B.C-Zを通して彼らを知っていたというほうが合っていると思う。

 

エビとジャニストはBS「少年倶楽部」で共演している。

とくにエビの河合くんとジャニストの桐山くんは司会もしているから

桐山くんはこういうことをしているんだ、オールラウンダーなんだなっては思った。

 

あとは「ごめんね青春」で重岡くんを知る。この時は正直「重岡くん」でなく役名の「海老沢くん」であってこの海老沢くんはジャニストのセンターなのかと思った。名前を覚えられなくてごめんね。重岡くん。

あとは「アゲイン」

藤井くんが出ていたドラマだが

これは元モーニング娘久住小春はアベタマ役として出るというとこからすこしだけ見たドラマだ。(小春の演技はあまりヘタじゃなくてビックリした。ハロプロも舞台やってるもんな、考えてみれば)藤井くんに関しては金ちゃん役なんてビジュアル的にハマる人いないと思ってたけどハマる人いるんだな、まあ美形だけど。全然ありだ。この程度の感想しか抱いてなかった。それと藤井流星という名前はインパクトがあるのでけっこう残っていた。

そういった認知から1年経ったころだろうか

たまたまYoutubeを見ていたときに

「リトルトーキョーライブ」「冒険したってええじゃないか 沖縄編」と

「Break out!」「Criminal」の動画に行き着く。

 

沖縄ロケがほぼほぼ彼らの雰囲気を知るきっかけだった。明るい元気関西ゆえのリアクションの速さ、いいグループなんだろうなって。

リトラに関しては初登場のときにグループ名のかかれたマグネットで自分たちはどのへんの位置だと答えるやつで先輩で共演グループでもあるJUMPさんを自分たちよりも下にするという暴挙にでて(犯人は重岡くんである)あとは、激辛企画をやらされたり街イチロケとけっこうハードなのをやらされてるなってかんじで(リトラに関しては時系列が曖昧ですが、たぶんハマる前は頑張ってるな体張ってるなみたいなイメージだったと思う)

 

そして、少年倶楽部で披露した「Break out!」「Criminal」だ。

正直ここが非常に大きかったです。

いわゆる明るい元気な曲のイメージが強かったのが

この二曲は(これ以外にもありますが)かっこいいクールめちゃくちゃ踊る系で

正直ゾクッてしてまったのだ。

あとはこのときの神山くんを見て

あっ、このグループのなかだったら私きっとこの人のことがスキだと彼のことをさほど知らないくせに直感として感じてしまった。

Break out!に関しては三番手で出てくるB.A.D(中間桐山のデビュー前のユニット)の

貫禄に圧倒される。私はシンメ厨ですので

デビューしてからそこまでそういう要素だしてなくても

二人になるとここまでひきつけるものがあるのかと

B.A.DがB.A.Dである意味を感じたというか←

 

今考えてみれば

その映像をみてから

自分のなかで気持ちにストッパーをかけた感じはある

その時はキスマイだったしエビ沼にもはまりつつあったし

なんというか、これ以上スキを増やすと大変そうだなって。

ジャニーズに限らず応援してるアイドルもいるし

 

そんなわけでそれから、また月日が流れて

 

2015年の冬に唐突に「ええじゃないか」が聞きたくなったのがそもそもの始まりだ。

 

正直なところツイッターをやっていてジャニ垢をフォローさしていただいてるとジャニストの情報も入ってきた。不思議なことにキスマイからのジャニストへの担降りの方を(一方的にフォローさしていただいてるだけですが)が多くそれでもフォロー解除することもなく面白いツイート多かったし、ジャニストってこんな感じのメンバーがいるんだ。と自然と彼らのことを知ってくことになる。

だから、2015年の冬の時点では

ゲス岡、クソガキ重岡くんや

女子力高い神ちゃん

流星君のド天然も

ハマちゃんのイイ人感も

2015年後半はおおよそのメンバーのキャラは把握していたと思う。

 

ええじゃないかが聞きたくなったのは

たぶん仕事で疲れててのナチュラルハイ状態だったのか

理由としては本当にくだらないのだが

また動画で探してそれらから「ジパングおおきに大作戦」「サマードリーマー」「ズンドコパラダイス」と順番に色々きいていって、そのノリでアルバムをレンタルしてiPodに入れてこれライブだとどんな風にやるんだろうとその辺の想像が始まってしまう。

 

そして、冒頭のアマゾンだ。

 

キスマイのときは買うのにたぶん2週間ぐらい悩んだが

ジャニストは3日ぐらいだったと思う。

買ったDVDはファーストコンサート「一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」なのだが

すごくエネルギーがあって

セトリもいいし

なによりも騒ぐときは騒ぐ、聞かせるときは聞かせると

アッパーチューンとバラードとのメリハリが非常に見ていてよかったなと。

そんなわけで見事に沼にはまったわけだが。

 

元々クソDDだし

私はジャニーズにおいてはキスマイをメインにみてはいたけどファンクラブに入ってないしライブにも参戦したことがクソ在宅だ。担当なんてだいそれたもの名乗るかんじでもないし、なによりキスマイを通していろんなグループをしってそれぞれにスキな曲や好きなポイントもあるから

 

だからグループの担降りという概念でなく

スキなものがまた増えてしまったなって感じでいるところがある。

キスマイはキスマイでやはりジャニーズという世界を新たに魅してくれたグループだし

スキの度合いや波はその時期その時期であるけど

それでもよっぽど気持ちが切れない限りは見れる範囲でみていきたいなって思っている。それは他の事務所のグループでも同じで。

 

ジャニーズWESTもこの先すごく楽しみなグループの一つだなって。

 

 

そんなわけ主観ばかりの文章に付き合っていただきありがとうございます。

次にメンバーイメージの記事も投稿させていただきますが

そちらのたいがいに主観でしかございませんのであしからず。

それではこのへんで。

 

 

www.amazon.co.jp