読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

green & blue

いろんな価値観の箱

経験値の対比と無防備さ

私事

 

とある土曜日の昼間。

シャワーを浴びて溜まっていた掃除をし

のんびりとパソコンへと今向かい合っている。

 

聴いている曲は、原田知世さんの『music & me』

『くちなしの丘』『時をかける少女(現在版ボサノバ調が心地よい)』の二曲で買ったアルバムだが、非常に素晴らしい。一曲目から引き込まれる。

 

私世代の「実はアイドルだったらしい今は女優の原田知世さん」のイメージとはまたひと味違う。

 

そんなわけで今日はここに何を綴りたかったか……といえば

 

 

もうしわけありません。

 

 

 

とくにテーマはないのです。

 

 

なんだか、気ままにキーボードを打っております。

 

 

 

ここでも話題として扱わせていただいてる

私の好きな界隈でもここ一ヶ月でいろんなことがあったものの

 

とくに書きたいこともなく。

言葉に語弊がありますが

今の段階で書けることが浮かばない。

 

 

昔から何事も

時間をかけて時間が過ぎてから整理できるタチなので

 

 

 

仕事に置いても

本当はあっちゃいけないことなんだろうけど

 

 

 

 

どうしても納得できないことがあったとして

その相手にもよるし年齢的に自分が下であることが多いから

 

大体、こっちが折れます。

 

悔しいことばかりだし

流すのが凄くヘタです。

 

それも年々こういう人や考え方の人いるよねっていうストックはあるものの

分かってくることも多いし以前より見えてくるものや

情報量はたしかに多くなってはいるのだろうけど

 

だがしかし、その場で対応できるほど人間できちゃいないし

できるときもないわけではなかろうが……

 

容赦ない悪意とかその他もろもろのことなんて

大体変化球で、無防備な後ろから

ガツンと殴られ奇襲をかけられるあの感覚に近い気がするし

 

正直そのたびにうろたえてばかりだ。

 

 

 

そんななかでも

理解できる範囲とできない範囲があって

それとどう上手く付き合っていくか

 

 

ずっと気を張ってると疲れる。

 

 

ついついそれをやりがちなんだけど。

 

 

前にもこの手のこと書いたかもしれないけど

 

 

自分は不完全であるんだということ

 

 

それをちゃんと頭にいれとこうというとこで。

 

 

肯定や開き直りも使い方次第で自分を時にダメにするし良くもするし

 

 

それをふまえたうえでやっていくこと。

 

不器用なクセに考えすぎるから

 

すぐに頭がパンクする

 

日々修正メンテを怠らないようにしてあげないと

 

 

 

それに尽きるんだよな、きっと。

 

 

 

 

そんなわけで、色々やってみようかみたいな思考

 

料理も然り

掃除も然り

再開しだした読書も然り

ブログを書くことも然り

外にでることも然り

新しい髪形にすることも然り

新しいデザインのお洋服を買ってきてみることも然り

 

 

そんなわけで

自分の時間を大切にしてみる。

 

 

あまりオチとかないブログ記事で申し訳ありませんが

 

またそのうちに。

 

 

あっ、i pod の曲が

Cocco の『甘い香り』

 

この歌もステキ。

小学生の頃の夏休みみたい。

田んぼで走りまわる小麦色の子供たちの姿が浮かぶ

情景的な情緒あるカラッとサラッとした、あと口の曲。

戻れないからこそいいんだろうな、記憶って。

 

 

では、このへんで。