読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

green & blue

いろんな価値観の箱

最近のこと。(ハロプロ編)

ハロプロ

 

8月に入り、世間では学生が夏休み

近頃会社の行き帰りに自転車に乗った部活帰りの学生を見かけるとなんともいえない気持ちになる。あの頃に戻れないことに対する哀愁と懐古だろうか。

 

そんな私はというと

仕事が始まり、それなりにバタバタしてる。

趣味に対する熱傾け方に変化はないといえば嘘になるだろう。

仕事が始まったことだけが理由ではないものの

自分のハロプロ事情からざっくり書いていこうと思う。

 

 

ハロープロジェクトのなかでは比較的モーニング娘。を推している。

 

この界隈に関しては娘。で戻ったものの、

正直いうとベリーズに偏りつつあり

しかしそれも活動休止によって

同時に娘。も道重さんの卒業により

私としては抜け殻状態になっていた。

 

正直、春頃は直視できずアンジュルムの「大器晩成」とカントリーガールズの「愛しくってごめんね」しか聞いていた記憶しかない。

 

その状況が少しずつ変わってきたのは

推しである鈴木香音のダイエットだった。

足を負傷し、舞台の選考から漏れたことから

浸透しつつあったぽっちゃりキャラを捨ててダイエットを開始した彼女。

私は加入当時の天使時代から彼女のことをひそかに推している。

道重さんが卒業してからは、道重さんラジオの枠を引き継いだ香音ちゃんのラジオだけは不定期ではあるが聴いていたしそこからすこしずつ新しいモーニング娘の体制を知っていった。

 

そして、もうひとつ。

今回の発売を控えている彼女たちの新曲だ。

 

まずは動画が公開された【Oh my wish!】

この曲、センターの鞘師里保や中心で活躍するメンバー数人がダンスに専念するという今までない体制で挑んでいる。そして、今回のセンターはビジュアル面として単独グラビアに引っ張りだこの工藤遥と、ダイエットに成功し輝きを増した鈴木香音を中心に置いている。

 

www.youtube.com

(※キャプ画も香音ちゃんである。素晴らしい。MVの冒頭から彼女のソロアングルでスタートするのだ。この時点で泣ける。)

 

推しがメインということも大きいが

この曲をはじめトリプルA面として収録されているほか二曲も

いままでと違うアプローチをかけているのが面白い。

 

 

 

とくに、【今すぐ飛び込む勇気】は

天才と称される佐藤優樹の歌声が凄くいいし、

曲もさわやかで女の子らしくてキラキラしてて

個人的には一番好きな歌だ。

 

 

そして、聞き終わったあとにやっと気がついた。

 

曲調がEDMじゃないということに。

 

 

道重さんのいた時代はEDMとフォーメーションダンスが売りだった。

 

彼女が卒業してからも新体制になってからの第一弾の【青春小僧が泣いている】も冒頭からだいぶそっち方面で攻めている。(他の収録曲はEDMではなかったものの差別化を図っているのは感じていたものの)

www.youtube.com

 

今回【今すぐ飛び込む勇気】を聞いて「やられた!」と思った。

こういうことが出来るようになったのかとか

なんてことない顔で決めてくる感じというか。

 

知らないうちに幅が広がっている感じを何にも考えずにすんなり受け入れられている自分、新しいことに気づかずにいいなと思えたこと、「あーすっかりやられたな」と思う。

モーニング娘。は時代によってメンバーによってガラッと雰囲気を変えてくるグループということを知っていたはずなのに。

そのことは考える暇も与えないぐらいに、

魅了される。

それが結果、聞き終わったあとに「あっ、そーいえばEDMじゃなかったなーどうして気づかなかったんだろう」っていう思考回路にさせたんだろう。

 

こんな風に楽しませてくれるグループはやっぱり他にはないなと改めて感じた。

 

ここは揺るがないのかもしれないなと実感させられた。

ベリーズや道重さんを始めとした先輩たちの背中を見てきて

モーニング娘。をはじめとする若いグループたちの成長をみていけたらなと思えてきた。

 

以前、道重さんやベリーズの記事を書いたときよりもシンプルにそう思えた。

 

ちなみに、娘。以外のグループだと近頃とくに、juice=juiceなども聞く。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

楽曲派に定評の高いjuice=juiceの楽曲。

【Magic of Love】に関しては

アイドル曲としての域を超えてる気がする。

是非、興味のない人にも聞いていただきたい一曲だ。

 

 

そんなわけで

 

落ち着いていたハロプロ熱が

すこしずつ戻ってきた、2015夏であった。

 

 

 

お付き合いいただきありがとうございます。

 

 

続きまして、次の記事はこちらに対比し

ジャニーズ事情と書いていこうと思う。

 

では、このへんで。